やまき醤油蔵

やまき醤油蔵|創業90余年 こだわりの醤油、 だし醤油を是非、ご家庭でご賞味ください。

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  やまき醤油蔵のこだわり

やまき醤油蔵のこだわり

こだわり

創業90年 ふるさとの伝統の味

当蔵は1927年創業の醤油蔵です。
瀬戸内海沿岸の街 広島県呉市安浦町の醤油づくりを行ってまいりました。
厳選された原料と蔵のある三津口谷山中の天然地下水を使用しています。
濃口醤油 瀬戸内浪漫をはじめお刺身や寿司によくあう瀬戸のあまくち醤油、直営のうどん店の味 うどん屋さんのだし醤油、さらにはポン酢醤油やごまふりかけ等の商品を扱っております。
また醤油や調味料は時代の移り変わりとともに新しい商品も開発されてきております。
食生活やライフスタイルにあわせて、私ども醤油屋も日々勉強しお客様のニーズにあった商品をご提案していく事も必要です。

私どもは、創業より今に伝わる伝統の味を守りながら、今の時代にマッチした新しい醤油調味料の開発にも励んでまいりたいと存じます。

 

創業90年 ふるさとの伝統の味

 

瀬戸内の地醤油

春夏秋冬 瀬戸内の四季 私どもの蔵のある瀬戸内地域では、古くから温暖な気候の下で醤油づくりが栄えてきました。
醤油の原料は、大豆、小麦、塩であり、この地域では、塩田で塩作りが行われてきたことも背景にあり、昔は、たくさんの醤油蔵がともに醤油づくりに励んでおりました。
醤油の嗜好はとても地域性が高く、それはその地域の食文化に密接にかかわっております。瀬戸内海の沿岸は海の幸が豊富であり一方で山の幸にもめぐまれております。
その海と山の食材をおいしくいただく味づくりが伝わってまいりました。
私どもの地域では、瀬戸内の小魚や白身の魚が豊富なこともあり、まろやかなやや甘めの醤油が特徴です。
醤油の味は、いわば園地域の食材をいかに美味しくいただくかといった先人の知恵の結晶であり、まさに全国各地に伝統の味づくりを今に引き継ぐ「地醤油」の文化が存在します。
温暖な瀬戸内の大いなる自然の恵みの中、微生物と蔵人によって醸し出された醤油 瀬戸内育ちの地醤油をどうぞお召し上がりくださいませ。

 

瀬戸内の地醤油

 

醤油屋さんのうどん店

私どもは自社の醤油を使った醤油屋さんのうどん店「やまき醤油蔵」を営業しております。
うどんのだしやつゆは全て醤油がベースです。
平成4年に昔の醤油蔵を改築してうどん店をはじめました。
現在は東広島市西条町に本店を移転しましたが、その間22年間にわたり味づくりの研究に励んでまいりました。
醤油屋ならではのうどん店としてメニューの寿司にあう醤油の開発や天丼やカツ丼といった丼物のたれやつゆの研究にさらにはフライ料理にあう醤油に開発、ドレッシングやだしパックの販売などお客様の声をもとに醤油製品の開発商品化をしてまいりました。これからも日々進化してける醤油屋でありたいと願います。

 

醤油屋さんのうどん店

 

自社醸造醤油を使った御膳料理

東広島本店では夜の営業は「醤亭 蔵の和」として自社の醤油をつかった小鉢や御膳料理を提供させていただいております。
醤油屋の御膳や季節の鍋や創作うどん、一品料理などのメニューが中心です。肉じゃがや
かぼちゃ煮、筑前煮、おでんなどの醤油屋小鉢は日替わりのおまかせとなっていおります。
丼物や各種御膳メニューでご家族での楽しい団らんやお仲間での集いなどにご利用いただいております。
今後は醤油屋ならではのメニュー開発にも取り組み、新しい醤油の魅力や可能性を提案していけたらと願います。
またお客様よりいただいた貴重なご意見を商品開発にも生かしていけたらと願います。

 

自社醸造醤油を使った御膳料理

 

国産小麦100%使用のこだわりの自家製うどん

わたしどものうどん店では毎日店内でうどんを仕込んでおります。
国産小麦100%を使用した多加水の自家製うどんです。
安心安全の国産小麦は北海道小麦を使用しております。
うどんの生地は熟成庫で一晩ねかせてから使用しております。
生地をやすませる事でしっかりとしたグルテンが形成され、もちもち感のある麺ができあがります。
うどんの生地は延ばしてから切り立てを茹でてご提供させていただいています。
麺は通常の太うどんとざるうどん用の細うどんの2種類がございます。
冬はあつあつの鍋焼きうどん、夏はのど越しのよい細打ちざるうどんが人気です。
打ちたて茹でたてのうどんをお召し上がりくださいませ。

 

国産小麦100%使用のこだわりの自家製うどん

 

旬の素材をいかしたい~さまざまなお料理にあう醤油のご提案

私どもの店では料理の素材を生かしたやや薄味の味付けを心がけております。
現代はコンビに弁当やスーパーの惣菜など濃い目の味が主流となっておりますが、料理づくりは
材料そのものの味や風味を最大限にひきだして生かすことが大切だと考えております。
醤油は料理をひきたて、だしや塩分とのバランスをあわせる和風料理づくりには欠かせない脇役であります。
一方で、つけかけ用の醤油は食の楽しみ方という部分では、いろいろな可能性が広がります。
さしみ醤油やほんず醤油に限らず、おこのみの薬味やおろしそれに他のソース類と混ぜる事で、
オリジナルなつけだれができます。
料理との相性や和洋を問わず美味しく楽しく食事をする上で、醤油の新しい魅力として日々研究をしていきたいと考えます。

 

旬の素材をいかしたい~さまざまなお料理にあう醤油のご提案

 

一本一本精魂込めて 一本一本まごころ込めて

私どもは醤油づくりにたずさわれる事に感謝し、また何よりも醤油を通じて出逢えたお客様との
ご縁に感謝し、いただいたご縁を大切にしたいと願っております。
これからも醤油一本一本にまごころ込めて、醤油蔵から全国のお客様に瀬戸内育ちの地醤油
そして醤油屋さんのうどん店の味をお届けさせていただきます。

 

一本一本精魂込めて 一本一本まごころ込めて